求人サイトエンプでは、長期続けられるお仕事掲載中です♪

お得クーポン№ks39395を応募するときに入力しましょう♪

https://www.enp-kyujin.com/

TEL:0120-88-8341
プレミアムID発行中!!!

ks39395-mg ←応募の際にこちらを入力すると旅行券2倍プレゼント
いたします!!!
今がチャンス!!!

辻一弘が日本人初となるアカデミー賞、メイク・ヘアスタイリング賞を受賞

第90回「アカデミー賞(Academy Awards)」授賞式が現地時間3月4日(日本時間3月5日)に行われた。
辻一弘メイクアップ・アーティストが、日本人初の「メイク・ヘアスタイリング賞」を受賞。
「才能ある候補者たちがいる中で、アカデミーからこのような賞をいただけることに、大変恐縮している。
友人であるゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)、および本作品のチームに、
この夢のプロジェクトと素晴らしい経験を与えてくれたことに感謝している」と喜びの声を寄せた。

辻メイクアップ・アーティストは1969年5月25日京都市生まれ。
10代の頃から特殊メイクを独学で学び、黒澤明監督の「八月の狂詩曲」や伊丹十三監督の「ミンボーの女」の制作に携わり、
96年にはバリー・ソネンフェルド(Barry Sonnenfeld)監督の「メン・イン・ブラック(MEN IN BLACK)」に参加するため渡米。
その後、ティム・バートン(Tim Burton)監督の「PLANET OF THE APES/猿の惑星」や
ロン・ハワード(Ronald Howard)監督「グリンチ(GRINCH)」などを経て、07年に独立した。

ハリウッドで25年以上活躍したのち、12年に映画界を引退。
以降は現代美術家として活動していたが、主演のゲイリー・オールドマン直々のオファーを受けて復帰し、
計200時間以上かけてゲイリー・オールドマンをウィンストン・チャーチル(Winston Churchill)に作り上げていった。
過去にフランク・コラチ(Frank Coraci)監督「もしも昨日が選べたら」、
ブライアン・ロビンス(Brian Robbins)監督「マッド・ファット・ワイフ(NORBIT)」でアカデミー賞にノミネートされた経験を持つが、
3度目で初の受賞となった。